コロイドヨード療法

Aoyama Medical Clinic

コロイドヨード療法とは

コロイドヨードは原子番号53番、元素記号Iのヨード(ヨウ素)を生体内に安全に大量に摂取可能としたヨードで、その薬理作用は点滴、内服、吸入、点眼、軟膏等、様々な用途で効果が確認されてきています。

日本はチリに次いで世界第2位のヨード産出国であるというメリットを活かし、世界的にも例を見ないコロイドヨードのさらなる研究と症例の積み重ねにより、病気に悩む多くの方々の治療薬として期待されています。

からだの免疫力を高める効果のある「コロイドヨード 溶液」を体内に入れることで正常な細胞を活性化させ、病変細胞を破壊します。
点滴と経口液があり、がんの状態によって量・頻度を調整しますが、当院では10回を1クールとして行なっています。

 コロイドヨード には異常な細胞の発生〜増殖を抑制する効果があるため、継続的に摂取することによって、がんだけでなく、ほかの病気の予防効果もあるのが特徴です。がん治療の場合はBAK療法と併用するとさらに効果的です。

患者様一人一人にとってどんな治療が最適かを総合的に検討して御提案する「オーダーメイド医療」が当院の本領です。

Aoyama Medical Clinic

がん治療におけるコロイドヨードの特色

日本のがん治療は手術、放射線、抗がん剤の三大療法です。しかしながら日本でのがんによる死亡者数は増加の一途を辿っています。コロイドヨードはこれらの標準治療を補完する薬剤として、
・抗がん剤、温熱治療、遺伝子治療等、他の治療と併用出来ます。

  • またその効果を妨げず、むしろ奏功します。
  • 副作用が少ないです。
  • 耐性が無いです。
  • 体内での蓄積性が無いです。
  • 正常細胞を傷つけず、がん細胞にのみ働きかけます。

がんの標準治療との比較

コロイドヨード・外科療法・放射線療法・化学療法それぞれの
治療方法・治療対象、デメリットとメリットについての比較表です。

ご予約について

青山メディカルクリニックの診療・検査のご相談はこちらからお願いいたします。

青山メディカルクリニック

 当院は、マイクロRNA研究の第一人者である落谷孝広博士の監修のもと、血液一滴でわかる「がんの超早期発見検査」や「BAK療法」、「コロイドヨード療法」など独自性の高いプレシジョンな医療を患者様一人ー人の健康状態やご要望に応じて、オーダーメイドでご提供してまいります。

Address List

〒 107-0062
東京都港区南青山3丁目10番21号
T’s BRIGHTIA南青山 EAST 1F

MENU