【検査開始】コロナワクチン接種後の抗体定量を測定できます

新型コロナウイルス抗体定量精密検査とは?

 

ワクチン接種前の免疫状態(過去感染があったのか)の確認や、ワクチン接種後の免疫応答(ワクチン接種により抗体がついたのか)の確認検査です。

よくあるご質問
どのように行いますか?
通常採血と同じように、5CC程度の採血をします。
抗体検査とはどう違いますか?
これまでの抗体検査は抗体が有・無の判定のみだったのに対し、抗体がどの程度の量があるのかを測定します。
検査精度はどのくらいですか?
精度の高い《ロシュ・ダイアグノスティックス社》の機器を使って検査を行っております。 PCR陽性後、14日以上経過した患者から採取された検体において感度は《98.8%》、特異性テストにおける特異度は 《99.98%》と非常に高精度です。
ワクチン接種してから何日後から検査可能ですか?
2週間以上経過してから測定します。

 

このような方へお勧めします

新型コロナウイルス抗体定量精密検査は、このような方へお勧めします

  • 過去に新型コロナウイルスにかかっていたかを調べたい方
  • ワクチン接種により、本当に抗体がついているのか調べたい方
  • 会社等、職場に抗体保有者が何人いるかを調べたい経営者の方
  • 風邪症状がある方と接する機会があった方
  • 不特定多数の方と接する職業の方
  • ご高齢者や持病をお持ちの方と同居されている方

 

【費用】

コロナワクチン抗体定量測定検査 8,800円  

 

お申し込み、お問い合わせはこちら

プロフィール

青山メディカルクリニック
青山メディカルクリニックSTAFF
当院は、現在注目の集まる『エクソソーム』による再生療法および各種アンチエイジング療法をおこなっております。