がん検査

マイシグナル検査(エクソソーム)

がんの発症や進行に重要な役割をはたすエクソソームに含まれるマイクロRNAを、尿から効率よく捕捉し、ステージ1のがんでも検知可能となりました。がんの早期発見を通して、がん治療の最適化を目指します。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカーは、何らかのがんが疑われる場合、診断に至るまでの1つの手段として、その値を測定します。検査の結果、体液(血液)中の腫瘍マーカーの値が高いほど、特定のがんを発症している可能性が高くなります。  

免疫療法

NKT細胞標的治療

NKT細胞標的治療は、理化学研究所の基礎研究と国の先進医療Bとして行われた千葉大学の技術を元に、開発した治療法です。 2016年より一般の医療機関において広く治療を開始し、既に多くの症例数があり、従来の免疫治療と比較して非常に大きな抗腫瘍効果が確認されています。

コロイドヨード療法

コロイドヨードは原子番号53番、元素記号Iのヨード(ヨウ素)を生体内に安全に大量に摂取可能としたヨードで、その薬理作用は点滴、内服、吸入、点眼、軟膏等、様々な用途で効果が確認されてきています。 がん治療の場合はBAK療法と併用するとさらに効果的です。

高濃度ビタミンC療法

これまでの論文から、高濃度ビタミンC点滴療法が、がん患者様の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの症状を改善し、QOL(生活の質)を維持することがわかりました。 また、単独あるいは他の治療との併用でがの進行の停止や腫瘍の縮小例の報告もあります。