幹細胞由来エクソソーム

エクソソームとは?

 エクソソームは細胞から分泌される脂質二重膜からなる小胞です。大きさは直径1万分の1mm程度で内部にはマイクロRNA、メッセンジャーRNADNAやタンパク質などを含んでいます。エクソソームは細胞間、人体においては臓器同士の情報伝達に重要な役割を担うことが明らかとなっており、あらゆる細胞から分泌されることが確認されています。

 間葉系幹細胞から分泌されるエクソソームは、血管や皮膚を再生する効果が高く、様々な炎症を抑える効果があります。また、全身に分布している体性幹細胞を活性化し、体の再生を誘導する効果が期待できます。

当院の再生医療【エクソソーム療法】は、間葉系幹細胞を特殊培養した際の上澄み液(幹細胞上清液)に存在するエクソソームをさらに濃縮した、高濃度の幹細胞上清液【EXOプレミアム幹細胞エキス】を使用しております。

間葉系幹細胞細とは?

幹細胞の採取

エクソソーム療法で効果が期待できる疾患

左記のように幅広い疾患に効果が期待できますが、効果には個人差があります。

また、アレルギー反応が起きる可能性はゼロではありません。ただしかなり稀です。
幹細胞の細胞そのものは投与しないため、幹細胞を投与するよりも安心・安全に使用できます。

※ 動物モデルで有効性が報告されている疾患

高濃度エクソソーム含有『EXOプレミアム幹細胞エキス』とは?

 マイクロRNA研究の第一人者であり、JSEV(日本エクソソーム協会)の会 長を務める東京医科大学 落谷孝広博士の指導により、高濃度エクソソーム含有の「EXOプレミアム幹細胞エキス」が研究開発されました。

 「EXOプレミアム幹細胞エキス」は、間葉系幹細胞を特殊培養した際の上澄み液(幹細胞上清液)に存在するエクソソームをさらに濃縮した、高濃度の幹細胞上清液で、エクソソーム以外にも数百種類の成長因子や多種類のアミノ酸、ビタミン類が含まれています。

院では【EXOプレミアム幹細胞エキス】を最大限に活かした各種再生療法を提供しております。 

東京医科大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門
落谷 孝広教授  

高濃度エクソソーム含有エキスによる【再生療法】

 エクソソーム(マイクロRNA)研究の世界的権威であり、JSEV(日本エクソソーム協会)の会 長を務める東京医科大学 落谷孝広教授の指導により生まれた高濃度エクソソームを含有した「EXOプレミアム幹細胞エキス」。当院では、アンチエイジングを目的とした幹細胞由来エクソソームを使用した再生医療【エクソソーム療法】を行っております。

 点滴再生療法は、血管新生を促し、機能低下した組織を修復することにより、生活習慣病や内臓疾患などの改善が期待できます。また、局所注射やダーマペンなどの機器を用いて、頭皮や肌に直接作用させると、毛髪再生効果や、肌のキメを整えてシミ・シワ、毛穴、ツヤやハリが改善し、皮膚の若返りを誘導します。 さらに、周百種類の様々な成長因子も豊富に含まれているため、抗炎症作用、免疫調整作用、神経修復などの効果も期待できます。

この【EXOプレミアム幹細胞エキス】を最大限に活かした各種再生療法をご提供いたします。

MENU