世界中で大注目!
イギリス生まれの最新エイジングケア点滴
NAD⁺点滴
NMNサプリ・NMN点滴に続く
新しい次世代の美容施術
世界中で大注目!
イギリス生まれの
最新エイジングケア点滴
NAD⁺点滴
NMNサプリ・NMN点滴に続く
新しい次世代の美容施術

NAD+点滴に期待されるアンチエイジング・美容作用(効果)

NAD+点滴に期待される
アンチエイジング・美容作用(効果)

期待できる効果

こんな方にオススメ

※ 既知の NAD+点滴療法のエビデンスに関しては下記(NAD+注射薬および NAD+点滴療法のメリット)をご参照ください。

NAD+点滴とは?

昨今話題の NMN(Nicotinamide mononucleotide;ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、経口サプリメントとして摂取した場合、体内で NAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質に変換されます。NAD+は体内の細胞で起こる代謝過程や反応に不可欠な物資であり、健康維持や体力維持などを担う役割を果たしています。

また、多くの研究データにより、NAD+の欠乏が様々な病気や病態を引き起こすことが示唆されており、近年では加齢に伴う身体の衰え(老化現象)を NAD+によって改善できる可能性が報告されています。
NMN は経口摂取または点滴投与においても、NAD+に変換されるというプロセスが必要です。
一方、米国では NAD+自体を点滴投与する「NAD+IV Therapy(NAD+点滴療法)」が普及しています。NAD+を点滴により直接血管内に取り入れることで、体内でより効率的な NAD+増加による若返り効果が期待できます。

当院はイギリスのNADクリニックに認定されています

※当院は、日本で唯一安心してNAD点滴を投与できる重要拠点クリニックとして、イギリスのNADクリニックに認定されています。
https://nadclinic.com/ja/our-locations/
・NADclinic Locations | Find Your Nearest NADclinic Across The Globe
We Are Truly Revolutionising Longevity And Metabolic Healthcare Across The Globe. Find Your Nearest NADclinic.
Japanese-jaJapanese-ja

https://nadclinic.com/ja/locations/nadclinic-partner-tokyo/
・IV Therapy – Visit our NADclinic partner in Tokyo, Japan | NADclinic
Our NADclinic partner in Tokyo, Japan offer a wide selection of IV options with essential vitamins, minerals & antioxidants.

NAD+点滴を動画で解説!
Play Video about NAD説明動画

アンチエイジングのための NAD⁺点滴

推奨プロトコール:(プロトコールに厳密に従う必要はありません。 患者の健康状態と活力を医師が評価することが、投与量と頻度を決定し調整するための前提条件です)

NAD+点滴は月に1回または隔週に行うのが一般的

一般的に健康な患者さんであれば、月 1 回の点滴で十分な成分(NAD+)を補給し、最適な健康状態やパフォーマンスを維持することができます。 しかし、多くの場合、隔週(2 週間に 1 回)の点滴を行います。その理由は NAD+点滴により摂取した成分は、通常 2~3 週間体内に留まるためです。

ホメオスタシスが達成されると、多くの患者は健康状態を良好に保つため、月 1 回の点滴を行います。また、疲労やその他の臨床的な懸念が生じたときには、症状に応じて点滴を受ける患者もいます。

一般的にエネルギーや活力を高めたい方は、最初は月に数回、その後は月に 1 回、または 2 ヶ月に 1 回の点滴が適切な場合が多いようです。ほとんどの人は 1 回のセッションで大きな効果を実感しますが、継続することにより、約 1 ヵ月後にはより良好な改善結果を実感することが期待できます。最初の点滴により、良好な結果が最大(最長)で2 週間持続すると考えられています。

実際の頻度はヒアリングのうえで決定

維持療法としての NAD+点滴は身体の日常的なメンテナンスに適しているため、ほとんどの場合、1 ヶ月に 1 回の投与で十分です。 しかし、必要であれば、1 ヶ月の間に複数回行うことが可能な安全な治療法です。

投与プロトコールは患者によりまちまちです。患者からの自覚的(主観的)反応は、維持療法の頻度調整を決定する上で重要です。例えば、NAD+点滴後、患者はしばしば精神的な明晰さの向上(知力向上)を報告しています。

監修: RICHARD FRANCIS WALKER, Ph.D., R. Ph リチャード フランシス ウォーカー(アメリカ 医学博士、薬剤師)

人体におけるNAD⁺の重要性

前述の通り、NAD+は人体の様々な生理作用に重要な役割を担っています。NAD+の欠乏、あるいは体内の NAD+ホメオスタシスの乱れは、これらの生理作用を損ない、その結果、さまざまな病気や病態を引き起こす可能性があります。以下に、NAD+に依存する多くの生理作用のいくつかを紹介します。

重要性1:ゲノム安定性

日常的に体内では活性酸素種や活性窒素種が放出され、これらの物質が細胞の DNA を傷つけています。さらに、発がん性物 質、化学変異原、放射線などの外来因子も、細胞の DNA 損傷を引き起こす可能性があります。内因性、外因性いずれの場合で も、細胞の DNA に損傷が生じると、ゲノムが不安定になり、がんの発生や細胞の老化が促進される可能性があります。 細胞の DNA 損傷とその影響を最小限に抑えるために、体内には DNA 損傷応答(DDR)と呼ばれるプロセスが存在します。 DDR とは、体内で傷ついた DNA を検出し、修復するプロセスのことです。DDR は NAD+に大きく依存するプロセスで あり、体内の NAD+の量が少なくなると、DDR プロセスが損なわれ、結果として細胞 DNA へのダメージが増加します。

重要性2:遺伝子発現

細胞の DNA にある遺伝情報を使って、人間の体内で関連するタンパク質や物質を作り出すことを「遺伝子発現」といいます。 遺伝子発現は、髪や肌の色など、個人を特徴づけるあらゆる身体的特徴の発現に関わるプロセスです。 体内で遺伝子発現がうまく行われる仕組みのひとつに、ヒストンの修飾があります。ヒストンの修飾は NAD+に依存するプロ セスであり、NAD+が不足するとヒストンの修飾が妨げられ、遺伝子発現が損なわれる可能性があります。また、NAD+が不足 すると、細胞内の DNA がメチル化され、遺伝子が適切に発現しなくなることがあります。これは「遺伝子サイレンシング」と 呼ばれています。

重要性3:免疫と炎症

人体の NAD+レベルは、感染時の免疫反応の程度と効果を決定することが研究で明らかにされています。感染時に NAD+が 増加すると、マクロファージの酸化的リン酸化が促進され、感染症の原因菌を中和する能力が高まります。 また、NAD+はマクロファージの発現を増加させるだけでなく、感染プロセスにおいて抗炎症作用を発揮します。NAD+とそ の前駆体の細胞レベルが高いと、腫瘍壊死因子α(TNF-a)やインターロイキン-6(IL-6)などの炎症マーカーの発現が著 しく減少することが研究で示されています。

重要性4:エネルギー代謝

人間の体内では、いくつかの代謝経路でエネルギーが放出されます。エネルギー代謝経路の例としては、解糖、トリカルボン酸(クレブス)サイクル、酸化的リン酸化、脂肪酸酸化、エタノール代謝などがあります。すべてのエネルギー代謝経路が正しく機能するためには、補酵素として NAD+の存在が必要です。解糖系では、NAD+はグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GADPH)および乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)の触媒反応を促進します。クレブスサイクルでは、NAD+はαケトグルタル酸脱水素酵素、イソクエン酸脱水素酵素およびリンゴ酸脱水素酵素という律速酵素の補酵素として機能 します。肝細胞で行われるアルコール代謝も NAD+を補酵素として必要とします。体内の NAD+が不足すると、これらのプロ セスすべてに影響を与え、体内でエネルギーが生成され利用される効果に悪影響を及ぼす可能性があります。

重要性5:サーカディアン・クロック(概日時計)

概日時計は、生物時計または概日リズムとも呼ばれ、人体の睡眠/覚醒のサイクルを調節する内因性プロセスです。この 体内時計は、1 日のうちで異なる時間帯や異なる季節に体を適応させるのに役立っています。概日時計の正確さと有効性は、 細胞内の NAD+のレベルにも起因しています。NAD+が不足すると、概日リズムが乱れ、日中の眠気、浅い眠り、ホルモンバ ランスの乱れ、気分の変調などの影響が現れます。

重要性6:心臓血管機能

心臓は常に拍動しているため、人体で最も代謝の活発な臓器です。心臓の代謝活動を維持するためには、正常な NAD+ レベルが不可欠であることが研究により明らかにされています。さらに、一過性脳虚血発作や心筋梗塞などの重大な心臓の イベントが発生した場合、NAD+が正常値であれば傷害からの回復に役立つと言われています。また、NAD+の欠乏は心肥大 や線維化などの心疾患を引き起こす可能性があることが、他の研究により示されています。

重要性7:腎臓機能

一般的に、高齢になると腎機能が低下する傾向があります。高齢者における NAD+の減少は、腎機能の低下に関与している可 能性が疑われています。NAD+を補給することで、急性腎障害に対する予防効果が高まるという研究結果が示されています。 さらに、NAD+の補給は、急性腎障害後の腎機能を改善する役割を果たすプロスタグランジン E2 の放出を促進します。

重要性8:肝臓機能

体内の正常な NAD+レベルは、肝臓の最適な機能にとって不可欠です。NAD+経路の特定の酵素は、肝線維症、非アルコール性脂肪性肝疾患、非アルコール性脂肪性肝炎などの症状から肝臓を保護する働きがあるとされています。NAD+を補充することで、肝臓の全体的な健康を増進し、毒性のある病気から肝臓を保護し、肝臓の損傷後の再生能力を高めることができるという研究結果がいくつか発表されています。

重要性9:神経機能

NAD+とその前駆体は、脳卒中などの重大な神経学的イベントの後に、脳の神経細胞を保護する効果があることが示され ています。体内の NAD+が正常なレベルであることは、脳神経細胞が正常に機能し、生存するために不可欠です。さらに、 NAD+の補給は、アルツハイマー病などの一部の神経変性疾患の治療や予防に効果があるとされていますが、これは確定的 なものではなく、現在もこの可能性を探るいくつかの研究が進行中です。

NAD⁺点滴療法のメリット

前項で詳述したように、NAD+は身体のあらゆる主要なプロセスで不可欠な役割を果たしているため、NAD+のレベルを最適な状態に保つことが不可欠です。
ペラグラのように、皮膚炎、認知症、下痢などの NAD+欠乏の兆候がある場合、NAD+静脈点滴が必要となる場合があります。
NAD+欠乏の兆候に加えて、個人が NAD+静脈点滴を受けることを考慮する理由があります。その理由のいくつかは以下の通りです。

(1)アディクションセラピー (依存症治療)

NAD+とその前駆体は、脳卒中などの重大な神経学的イベントの後に、脳の神経細胞を保護する効果があることが示され ています。体内の NAD+が正常なレベルであることは、脳神経細胞が正常に機能し、生存するために不可欠です。さらに、 NAD+の補給は、アルツハイマー病などの一部の神経変性疾患の治療や予防に効果があるとされていますが、これは確定的 なものではなく、現在もこの可能性を探るいくつかの研究が進行中です。

(2)認知機能の向上

前述の通り、NAD+は脳に対して保護作用と刺激作用の両方を発揮することが示されています。このため、NAD+静脈点滴は、 記憶力の向上、集中力の改善、脳再生の促進、神経機能全般の改善などの効果が期待できます。外因性 NAD+の補給がこの ような効果を発揮する的確な方法については、現在も研究が進められています。

(3)慢性疲労

NAD+静脈点滴は、慢性疲労やエネルギーレベルの低下を抱える人々の管理に使用されています。NAD+は解糖系とトリカル ボン酸系の必須補酵素であり、これらの経路では人体のエネルギー源であるアデノシン三リン酸(ATP)が生成されます。外 因性 NAD+の補給により、体内の ATP レベルが増加し、その結果、エネルギーレベルを高め、疲労感を軽減する効果が期待されます。

(4)運動能力

NAD+は ATP の産生に関与していることから、運動能力やパフォーマンスの向上のために NAD+静脈点滴を受けるアスリ ートもいます。NAD+静脈点滴は、競技中のアスリートにおいて、エネルギーレベルを高め、認知力を促進し、反応時間を向 上させる可能性があります。さらに、NAD+の補給は、筋肉の修復だけでなく、筋肉の発達を助け、筋肥大や筋過形成につなが る可能性があることが研究で明らかにされています。

(5)疼痛管理

NAD+の静脈点滴が行われる新たな理由のひとつに、疼痛管理があります。NAD+は体内で顕著な抗炎症作用を発揮することが 知られており、痛みに伴う炎症を抑えることで、疼痛を緩和することが期待されます。NAD+の補給による疼痛コントロール に関する研究は現在も進行中であり、これまでの結果はまだ確定的ではありません。

施術のリスクと副作用について

注意:NAD⁺点滴は長時間の点滴です。点滴速度を速めると副作用を引き起こす可能性がありますので、NAD+の濃度に応じて推奨される投与時間、または少し長めに投与することを考慮してください。

※NAD+の点滴中に、胸が少し締め付けられるように感じることがあります。また、軽い吐き気や頭痛を訴える患者もいますが、これらの症状は点滴の速度を遅くすることで軽減できます。

料金表

NAD(ニコチンアミド ジ ヌクレオチド)

 NAD点滴療法 

■NAD点滴 Light 100ml

  • 1回 34,000円
  • 3回コース 95,000円
  • 6回コース 180,000円

■NAD点滴 Standard 200ml

  • 1回 66,000円
  • 3回コース 180,000円
  • 6回コース 350,000円

■NAD点滴 Premium 500ml

  • 1回 120,000円
  • 3回コース 340,000円
  • 6回コース 640,000円

ご予約について

青山メディカルクリニックにおけるカウンセリング・診療・検査のご相談はこちらからお願いいたします。