コラム

尿で「肺がん」・「胃がん」・「乳がん」・「卵巣がん」の早期発見が可能に

Chemist examining samples in test tubes

尿中マイクロRNAからがんを早期発見するがんリスクスクリーニング検査サービス『miSignal®︎(マイシグナル)』シリーズから、胃がん・肺がん検査が2022年10月3日(月)から追加されました。

これにより、miSignal®️「乳がん」・「卵巣がん」検査と合わせ、最大4がん種のがんリスク判定ができる検査に進化し、より多くの方におすすめできるサービスとなりました。

■ miSignal®️(マイシグナル)について
miSignal®️(マイシグナル)は、がんの発症や進行、転移に重要な役割を果たすマイクロRNAに着目したがんスクリーニング検査です。

最新の技術により尿中の微量なマイクロRNAを効率よく捕捉し、早期のがんリスクも高い精度で検出します。本検査の最大の特長は“痛みがない”という点です。

尿だけで、負担なく気軽にがんのリスクチェックを行っていただけます。

現在、検査が可能な対象がん種は

「肺がん」・「胃がん」・「乳がん」・「卵巣がん」

です。

今後、研究開発の進捗とともに順次検査可能ながん種が増える予定です。

詳細はWebサイト(http://misignal.jp/)をご覧ください。

プロフィール

松澤 宗範
松澤 宗範青山メディカルクリニック 院長
近畿大学医学部卒業。慶應義塾大学病院形成外科入局し、佐野厚生総合病院形成外科へ。その後、横浜市立市民病院形成外科として務める。埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科を経て、銀座美容外科クリニック新宿院院長として従事する。その後、青山メディカルクリニック開設し、今に至る。