コラム

間葉系幹細胞を利用するがん幹細胞

Viruses and red blood cells , Viral infection , Disease , 3d illustration

腫瘍組織とは悪性度、増殖能、多分化能など異なった遺伝子が発現している腫瘍細胞とがん幹細胞を含む細胞群です。

がん幹細胞は種々の幹細胞あるいは組織を構成している細胞の遺伝子損傷で発現し、抗がん剤や放射線に強い抵抗性をもっています。

抗がん剤による化学療法や放射線治療により腫瘍の消失が認めても、再発が見られるのはこのがん幹細胞の存在によるものと考えられています。また、このがん幹細胞は居住性と移動性の2つが存在します。がん幹細胞はCD133陽性細胞と考えられていましたが、全てのがん幹細胞にCD133が発現しているのではなく、単一のマーカーのみでがん幹細胞は特定出来ません。

また、間葉系幹細胞は乳がんのがん幹細胞の増生および転移を促進したとの報告があります。

間葉系幹細胞はIL-6を分泌しCD133 を発現している大腸がんのがん幹細胞を増加させると考えられています。

放射線治療を受けた乳がん細胞はTGFβ1、VEGFおよびPDGF-BBなどの成長因子を分泌し、それに反応して間葉系幹細胞が集合します。

管内胆管がんのがん細胞から放出されたエクソソームは間葉系幹細胞を活性させ、がん細胞が増殖する為の微小環境を形成させます。

これらの事は、がん細胞は間葉系幹細胞を集積させがん細胞の為の微小環境を作らせているように思われます。

現時点で間葉系幹細胞ががん幹細胞の抑制効果を示す報告はありません。

青山メディカルクリニック 院長 松澤 宗範

参考文献

1) Hanahan D, Weinberg RA. Hallmark of cancer. The next generation. Cell. 2011; 144: 646-674.

2) Brabletz T, Jung A, Spaderna S, et al. Opinion: migrating cancer stem cells-an integrated concept of malignant tumour progression. Nat Rev Cancer. 2005; 5:744-749.

3) Singh SK, Hawkins C, Clarke ID, et al. Identification of human brain tumour initiating cells. Nature. 2004;432: 396-401.

4) 阿部成宏, 三浦雅彦 癌幹細胞に関する最近の知見とその概念に基づいた治療戦略 放腫会誌.2009; 21: 1-11.

5) McLean K, Gong Y, Choi Y, et al. Human ovarian carcinoma-associated mesenchymal stem cells regulate cancer stem cells and tumourigenesis via altered BMP production. J Clin Invest. 2011; 121: 3206-3219.

6)国際抗老化再生医療学会雑誌 第1号(1-20)2018 間葉系幹細胞による治療と抗老化 佐藤茂 劉效蘭

プロフィール

松澤 宗範
松澤 宗範青山メディカルクリニック 院長
近畿大学医学部卒業。慶應義塾大学病院形成外科入局し、佐野厚生総合病院形成外科へ。その後、横浜市立市民病院形成外科として務める。埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科を経て、銀座美容外科クリニック新宿院院長として従事する。その後、青山メディカルクリニック開設し、今に至る。