クリニック紹介あなたの健康を全力でサポートします

一人ひとりのニーズに合わせた最適なケアを提供し、各患者様の健康維持と生活の質の向上を目指します。

  1. ご挨拶

    青山メディカルクリニックの理念

  2. こだわり

    高品質な最新の再生医療をあなたへ

  3. 院内のご案内

    清潔感あふれる快適空間で最新医療を

  4. 診療時間・アクセス・予約

    完全予約制の為、待ち時間はほぼゼロ

よくよく顔をみたらうっすらと肝斑が、、!おすすめできる予防と治療薬

WEB薬剤師

加齢とともにうっすらと肌にあらわれる肝斑。よくよく鏡を見たらうっすらと肝斑が、、、!なんて経験はありませんか?肝斑があると肌のトーンも下がり、化粧も肝斑を隠すため一苦労ですよね。そんな肝斑の予防や治療法について今日はおはなししていきたいと思います。

紫外線は大敵

肝斑のできるメカニズムはまだはっきりとは解明できてはいませんが、女性ホルモンが変化してくる30代後半~40代にあらわれることから、女性ホルモンが原因ではないかと言われています。紫外線が直接的な原因ではありませんが、肝斑を悪化させる原因の一因です。肝斑ができていることに気づかず日焼け対策をせずに過ごしていると肝斑は悪化していきます。紫外線対策は必須です。肝斑だけでなく紫外線は肌にとっても良くないので日頃から、日焼け止め、日傘などといった紫外線対策は必須事項となってきます。

飲む肝斑薬、トラネキサム酸

実際肝斑ができたあとのお薬として、トラネキサム酸があります。こちらはドラッグストアでも購入することができ、ビタミンCといっしょに飲むと効果がえられやすいことから、ビタミンC が配合されている状態で販売されていることもあります。始めるときは、個人で判断せず、飲んでいるお薬との組み合わせや、喫煙歴など考慮する必要性があるお薬ですので、医師、薬剤師に相談しましょう。こちらのお薬は飲んですぐ効果がえられるものではなく、継続して飲むお薬なので始める前はきちんと計画性をもって始めるようにしましょう。

塗るお薬、ハイドロキノン、トレチノイン

こちらは肝斑に直接塗るお薬です。肌の漂白剤、ターンオーバーを促進する作用があります。こちらは、肌のピリつきなど副作用もあるため、病院を受診して頂くことをおすすめします。こちらを塗ったあとも、紫外線は大敵。毎日塗り続けることで効果がえられるお薬です。

いかがでしょうか?

肝斑はシミのレーザー治療にように、レーザー治療ができない場合が多いため、数日で消える!といった治療法はありません。内服薬と外用薬をうまく組み合わせて継続して治療を続けていきます。原因もはっきりとはわかっておらず、女性ホルモンの変化、ストレスが原因だろうと言われています。

女性ホルモンの変化は自分でどうすることもできませんが、ストレスをため込まない生活、紫外線を避ける生活の努力はできるので肝斑を意識する年齢になってきたら、気を付けましょう。また、肝斑に気づいたらすぐ、治療を始めることをおすすめします。

関連記事