クリニック紹介あなたの健康を全力でサポートします

一人ひとりのニーズに合わせた最適なケアを提供し、各患者様の健康維持と生活の質の向上を目指します。

  1. ご挨拶

    青山メディカルクリニックの理念

  2. こだわり

    高品質な最新の再生医療をあなたへ

  3. 院内のご案内

    清潔感あふれる快適空間で最新医療を

  4. 診療時間・アクセス・予約

    完全予約制の為、待ち時間はほぼゼロ

皮膚の健康には大豆が効果的?!美容効果もある豆の中でも1番のおすすめは〇〇!

WEB管理栄養士

皮膚の健康には

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをしてくれます。
イソフラボンはコラーゲンの生成を助け、様々な病気の発症を抑える働きがあるため、年齢関係なく女性は積極的に食事に取り入れてもらいたい食品です。

イソフラボンに期待できる美容効果は次のようなものがあります。
・新陳代謝を促進し、肌の調子を整える
・薄毛や髪のパサつき改善
・女性らしい体型を保つ
・アンチエイジング
・更年期障害の緩和

美肌ホルモンとも呼ばれるエストロゲン。
肌の老化はエストロゲンの不足が原因と言われていますので、大豆を積極的に摂取しアンテイジング効果を期待したいですね。

一番のおすすめは

そんな美容効果抜群の大豆の中で、一番のおすすめは「枝豆」。

冷凍食品でも売っているので、冷凍庫に常備でき、便利な食材です。
ビタミンAやCを含んでいる大豆は少ないのですが、枝豆はビタミンAやCをきちんと含んでおり、大豆に比べるとカロリーがとても低いのでダイエットにも適しています。
カロリーは低くても栄養価は高いのでおやつやおつまみにもオススメです。

美容に良い大豆ですから、毎日の食事に積極的に取り入れていきたいですね。
ただし、大豆製品の過剰摂取には注意が必要です。
大豆に含まれるイソフラボンは良い働きをしてくれる反面、過剰摂取することで子宮内膜症や乳がん発症のリスクを高めてしまうとも言われています。
1日の目安量を守って美容に役立てていきましょう。

1日の摂取量

イソフラボンの1日の摂取量の上限値は70~75mg、そのうちサプリメントなどの健康食品からの上限値は30mgに設定されています。
食品で換算すると納豆1パック(50g)に35mg、豆腐1丁(300g)に60mg、豆乳1パック(200ml)に50mgが平均して含まれます。
豆腐は料理に使いやすいですが、大豆製品の中では一番身体を冷やす食品なので、冷え性の人は冷奴よりは湯豆腐などにして温めた調理方法がオススメです。

更に大豆の効果的な食べ方としては、一度にたくさん食べるのではなく何回かに分けて食べることや、色々な種類の大豆製品を食べること、できるだけ豆の形をしたままの大豆製品を食べることが大事です。

日本人が大好きな納豆はビタミンBなどの美肌作りに重要な役割を果たす成分が豊富に含まれています。
納豆は朝よりも夜に食べることでより良い効果を発揮してくれます。

お肌のゴールデンタイムは眠りについてから2~3時間と言われています。夜に食べることで肌が活性化され、成長ホルモンの分泌を促してくれたり、細胞の再生を促したり、むくみを解消してくれます。

美容に良い大豆を効果的に日常の食事に取り入れ、いくつになっても女性として大切な肌や髪を大切にしていきたいですね。

関連記事